スポンサーリンク


★【完全保存版】琵琶湖岸釣りMAP南湖の凄さ8項目【琵琶湖オカッパリ】★

皆さま、毎度です♪友蔵です。

本日は、最近発売されました【琵琶湖岸釣りMAP南湖】をご紹介したいと思います。


・発行所:株式会社つり人社

実際、購入して読ませてもらいましたが、実用的な岸釣りMAPなのは勿論のこと、マナー啓発や行政機関を交えたつり人の清掃活動などの関わり、琵琶湖で生きる漁師さんの話など、あまりに素晴らしく、「これは紹介しないと!」と感じました。

ざっくりと8項目に分けて、ご紹介したいと思います。

|凄さその①:DEPSキムケンさんとDRT白川さん監修

本書は、何と!?DEPSキムケンさんとDRT白川さんが監修されています。これだけでも、その豪華さ、凄さが分かるかと思います。

具体的な岸釣りMAPページ前には、キムケンさんと白川さんの対談が6ページに渡り掲載されています。

ここに書かれている内容は、琵琶湖でバス釣りをする全ての釣り人が、しっかりと熟読し、理解し、行動することが重要だと感じました。(釣る為のテクニックなどではなく、末永く琵琶湖でバス釣りをする為には?と言う非常に重要な内容が書かれています)

この内容に関しては、非常に共感しましたので、しっかりと自身の行動に落とし込みたいと思いました。

|凄さその②:南湖全域を隙間なく網羅するMAP内容

琵琶湖岸釣りMAP南湖と謳っていますが、それに恥じない内容となっており、ご覧の通り、隙間なく、南湖全域を網羅しています。

各エリア毎に、30区分されていますので、気になるエリアのページを即座に開けることが出来ますので、フィールドで検索しやすいと思います。

この検索のしやすさは、素晴らしいと思います。

|凄さその③:圧倒的な詳細を誇るMAP内容

例えば、最初のページにあるMAPを見てみますと、ご覧の様に、写真を交えたオールカラーとなっており、非常に見やすいです。

実際のフィールド写真が掲載されていますので、イメージもしやすいですし、水深も掲載されていますので、ブレイクラインも分かります。

それに加え、非常に素晴らしいのが、駐車場の場所や釣り禁止場所も、しっかりと明記されていることですね。(駐車場に関しては、有料か無料か?に加え、駐車出来る台数まで記載されています)

特に、釣り禁止エリアの明記は有難いです。実際、知らないうちに立ち入っている場合もあるかと思いますので、しっかりと釣り禁止場所を事前に把握することが出来るのは良いですね。

この圧倒的ボリュームが、全30区分に関して記載されていますので、まさにバイブル的なMAP書だと思います。

|凄さその④:船舶免許不要レンタルボートの活用法

琵琶湖オカッパリの延長線として捉えることが出来る2馬力やフットコンエレキなどが装着されたレンタルボートの活用法も記載されていました。

予約方法、料金、各種ボートの種類などなど、レンタル当日の受付の流れなど、詳しく掲載されていますので、これを読めば、初めて利用する方にとっても安心だと思います。

実際、免許不要レンタルボートに関しては、私も積極的に利用してまして、その利点を感じてす。(当ブログでも紹介しています→免許不要レンタルボートの利点紹介!)

|凄さその⑤:琵琶湖を思う釣り人の取り組みの紹介

琵琶湖と言う日本一のフィールドで釣りをするに我々は、その自然に対する敬意が必要だと思います。

そんな釣り人が集まり、琵琶湖で行われている取り組みを紹介しています。

主な取り組みとしてされている清掃活動は、地元ボランティアの皆さんも加わり、更に漁協との連携もされている素晴らしいものでした。(私も、これを読むまで、ここまで素晴らしい活動をされているとは知りませんでした。)

更に、キムケンさんを含み、著名バスプロの皆さんがされている県知事との意見交換のことも記載されていました。

普通の釣り雑誌などでは、この様な活動は掲載されていないことが多いので、本書でその取り組みを知れるのも素晴らしいと思います。

更に詳しい内容は、こちらまでどうぞ!→【淡水を守る釣り人の会】

|凄さその⑥:琵琶湖に生きる漁師さんの紹介

本書では、琵琶湖で生きる漁師さんの活動をピックアップした「琵琶湖に生きる」と言う内容記載されています。

このページには、琵琶湖で獲れる主だった魚も写真付きで紹介されており、勉強になる内容でした。

我々バサー側からすると、色々と誤解もある琵琶湖の漁師さんですが、地道な活動をされていることも分かり、見方も変わるかと思います。

|凄さその⑦:琵琶湖界隈のうまいもん紹介

琵琶湖に精通する方は、地元の美味しいものなども把握出来てますので、釣行時の食事なども苦労しないかと思います。

しかし、遠方から琵琶湖に初めて来られる方々からすれば、釣りと同時に、地場のおいしいものも食べて帰りたいと思うハズ!

そんな方々に向けた琵琶湖近辺のうまいもんを紹介しているページがあります。

実際に、キムケンさんが食されており、美味しそうなものばかりでした。

私も知らなかったお店が多かったので、機会を見て行ってみたいと思います。

|凄さその⑧:おススメ観光施設ガイドの紹介

GWに代表される大型連休などでは、カップルや家族連れで琵琶湖へ釣りに来られる方も多いかと思います。

そんな時、釣りの合間を観光に充てたいと考えておられる方々もいらっしゃるかと思います。

本書では、南湖周辺の観光案内ガイドも掲載されていますので、非常に便利ですね。

温泉施設なども掲載されていますので、釣りをしてからの温泉で疲れを癒すと言ったプランも立てれるかと思います♪

特に、彼氏さんやパパさんの皆さまにとっては、彼女さんやご家族のご機嫌を取るのも重要だと思いますからね。(←これを怠るとヤバいですから・・・)

|まとめ

以上の様に、ざっくりではありますが、本書の凄い点を8項目書かせて頂きました。

①DEPSキムケンさんとDRT白川さん監修
②南湖を隙間なく網羅する脅威の内容
③圧倒的な詳細内容を誇るMAP内容
④船舶免許不要レンタルボート活用法
⑤琵琶湖を思う釣り人の取り組み紹介
⑥琵琶湖に生きる漁師さんの紹介
⑦琵琶湖界隈のうまいもん紹介
⑧おススメ観光施設ガイド

滋賀に在住し、年間100日以上の釣行をする私でも、知らないことが多かった内容ですので、琵琶湖にバス釣りに来られる方々にとっては、至極の内容になっていると思います。(私も、琵琶湖に出撃する際には、車に常備しておこうと思っています。)

琵琶湖に精通される方も、初めて来られる方も、本書は、是非持っておかれることをお勧めします♪

ちなみに・・・、私も個人的に琵琶湖マップを作製しておりまして、スマホの地図アプリには、実に100を超えるポイントがマーキングされています。

本書を活用し、自身の釣果や感じたことを加味して、自分独自のポイントマップを作製する楽しみも出来るかと思います。

しかし、流石はDEPSキムケンさんとDRT白川さん監修ですね、ここまで素晴らしい内容だとは予想していませんでした。

スポンサーリンク


スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする