スポンサーリンク


★【便利グッズ】オカッパリ用でコスパ最高のランディングネットは!?★

皆さま、毎度です♪友蔵です。

今年は、比較的暖冬と言われていますが、かなり寒い滋賀県なので、あまり暖冬とは感じない今日この頃・・・。

そんな極寒の中でも、私を含め、生粋の釣り馬鹿は、釣れないのは承知の上で、フィールドに立ってしまうんですよね(笑)

昨今のフィールドでは、難易度が上がって来ている関係で、デカバスを狙って釣るのは至難の業・・・。

そんなデカバスをヒットさせたら、是が非でも手にしたいのが釣り人の心境ですよね?

オカッパリの場合、足場が高い場所からの釣りを強いられることも多い為、そんな時に、確実にヒットさせたデカバスを手にする為に用意しておくべきグッズと言えば・・・!?

そう!!【コンパクトなランディングネット】ですよね。

実際、ランディングネットの有る無しでは、ヒットさせてから手にするまでの成功率が雲泥の差になると感じています。(特に、ライトラインを使用したフィネスな釣りでは顕著です)

普段、オカッパリをしていると、皆さん、様々なランディングネットを持たれていますが、個人的に、ベストと感じたものがありますので、それを紹介したいと思います♪

|PRO MARINE/ランガン ランディングネット

数あるランディングネットの中で、私の場合、PRO MARINEさんよりリリースされている「ランガン ランディングネット」を愛用しています。

メーカーの謳い文句は「軽量で水切りが良く、魚へのダメージが少ない、ラバーコーティングネット採用」とありますね。

釣具屋さんでは、ご覧の様な感じで、ネットと柄がセットになって売られています。

セットアップが完了したら、こんな感じとなります。

なぜ故、このランディングネットがコスパ最高と感じたのかを以下に記載しますね。

①価格が安い!

まず、やはりコスパ最高と言うからには、購入価格が安くないと話になりません!

店頭での実売価格は、¥4,500(税抜き)前後となっており、スペックを考えると格安と思える値段設定となっています。

では、安かろう悪かろう?なのでは・・・、と思われる方々もいらっしゃると思いますので、どれだけ優れた上でのコスパ最高なのかを見て行きたいと思います。

②スペックが凄い!自身のスタイルに合わせられる!

種類としては、柄の長さが2.5mの【250】と、3.0mの【300】とがあります。

スペックは、以下の通りです。
①250シリーズ
・全長:2.5m
・継数:8本
・仕舞寸法:40cm
・自重:278g
・アルミ枠:36cm or 45cm

②300シリーズ
・全長:3.0m
・継数:10本
・仕舞寸法:40cm
・自重:376g
・アルミ枠:36cm or 45cm

よく行かれるフィールドの状況に応じて、全長を選んでもらえますし、狙う魚のサイズを考慮して、アルミ枠を選んでもらえますので、大概のオカッパリスタイルに合わせられると思います!

③この低価格で、ラバーネット仕様なのが良い!

店頭実売価格が¥4,500前後にも関わらず、ラバーネット仕様と言うのが素晴らしいと思います。

魚を釣ると言う行為自体が、魚を傷つける行為ではありますが、やはり可能な限りダメージを少なくしたいと思うのが人情です。

この観点から言いますと、ネット部分がラバー仕様になっていると、魚へのダメージが軽減出来ますので、有難いですよね。

④なんせ軽いのが良い!

オカッパリの場合、手で持ったり、腰にぶら下げたりと、ランディングネットは持参するスタイルですので、重いよりは軽い方が良いです。

250で自重278g、300で自重376gですので、非常に軽いです。

これだけ軽いと、持ち運び時に負担にはなりません。

⑤結構、丈夫なのが良い!

ポール部分、アルミ枠部分、ラバーネット部分などなど、低価格にありがちなガタ付きもなく、非常に丈夫ですので、多少、荒い使い方を強いられるオカッパリでも安心して使用することが出来ます。

既に数年使用していますが、壊れたトラブルは皆無です。

⑥デザインがカッコいいのが良い!

これは性能とは関係ないですが、やはり使用するなら、カッコイイ方が良いですよね。

ご覧の様なスタイリングで、非常にスタイリッシュです。

変な装飾もなく、カラーリングも落ち着いており、ブルーカラーの使い方がカッコいいですよね。

⑦使い勝手が良い!

まず、柄の部分の継ぎ部分の伸縮が非常にスムーズなので、いざランディング!となった際に、スルスル~と柄が伸びる為に、楽にランディング体制に入れます。

ラバーネット仕様の為、水切りがよく速乾性ですので、この点も気に入っています。

|まとめ

と言う感じで、低価格でありながら、上記①~⑦の利点が備わっていることを考えると、個人的には、コスパ最高と感じています。

尚、私が普段使用しているのは、【250】タイプのアルミ枠【36cm】ですが、琵琶湖60cmまでは普通にランディングすることが出来ました。55cmオーバーも難なくOKです。

但し、65cmオーバーなどを狙われる方々は、アルミ枠45cmの方が無難かと思います。

それと、マグネットなどを使用してバックなどに装着される場合は、少し工夫が必要でして、私の場合は、ご覧の様に、結束バンドを使用して工夫しております。

この低価格さで、この多彩なスペックを誇る【PRO MARINE/ランガン ランディングネット】は、まさにコスパ最高だと思います。

もし、オカッパリ用で、ランディングネットを探されている場合は、購入リストに入れてもらって損はなし!だと思います♪

スポンサーリンク


スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする