★晩秋のフィールド攻略!最大のキモは、動かずに回遊待ちをすることです★

皆さま、毎度です♪

本日は、旧友の後輩釣り仲間達が他府県より、琵琶湖に遊びに来てくれました~♪

当初、オカッパリも考えましたが、私も含めて合計4人になったこともあり、小型ボートを使ってのガイドとなりました。

2つのボートに分かれて、レッツスタート♪今日は、気の合う旧友後輩達とのワイワイenjoyセッションでしたが、釣りは真剣に!

本日も、ボートと言うことで、3タックルをスタンバイ。

・スーパースタリオンGT2RSには、ブルバイソンなどの巻物クランク。
・クロスファイア・スタリオンOTMには、マッハソニック17g。
・スピンサーペントには、各種フィネスルアー。

マッハソニック17gですが、溺愛していたプリスポーンボマーをロストした関係で、赤系カラーが無くなってしまいました・・・。

そこで、マッハソニック3DRワカサギカラーをマジックで真っ赤にしてやりました(笑)

光沢のあるカラーの上から赤マジックを塗ることで、鈍い赤色になり、地味ながら適度なアピール力をなります。

赤は、ボトムで黒に変化しますので、鈍い光を放つブラックと言う感じなり、派手過ぎず地味過ぎずとなるのでGOODだと思います。

ちなみに、プリスポーンボマーカラーをお持ちの方は、そればベストなので、そのままお使い下さい。(私も、どっかで見つけないと!)

プリスポーンボマーカラーは、こちら♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

先日も書かせてもらいましたが、マッハソニック17gの最適な動かし方は、軽いリフト後のラインテンションを完全に抜いたフリーフォール。(完全フリーフォールが、如何に安定して出来るかで、バイト数に雲泥の差となります。)

フォール時のラインメンディングに注意し、完全フリーフォール戦略をしていると、ナイスなバイトを捉えてフッキング!!

なかなか重量感のあるファイトで上がって来たのは、ブリブリの50オーバー!!

ロッド:クロスファイア・スタリオンOTM
リール:Revoエリート8(8.0:1)
ライン:フロロマイスター14ポンド
ルアー:イマカツ/マッハソニック17g
カラー:3DRワカサギ(マジックで赤色にチューン)

その後も同様の戦略を丁寧に繰り返していると、ナイスな45オーバーを追加♪

ロッド:クロスファイア・スタリオンOTM
リール:Revoエリート8(8.0:1)
ライン:フロロマイスター14ポンド
ルアー:イマカツ/マッハソニック17g
カラー:3DRワカサギ(マジックで赤色にチューン)

やっぱり赤色が効きますね♪(赤マジックは必須ですね~)

その後、レクチャー通りにマッハソニックを動かしていた後輩の慎ちゃんが、48cmをヒット!

やはり、メタル系ルアーは、フォール時のラインテンションの抜き方が重要です。慎ちゃんも慣れて来た時に、釣ってましたからね♪

と、ここまでは順調でしたが、ここからが試練の時でした・・・。

マッハソニック17gを軸に、色んなルアーを投入しましたが、ノーバイト・・・。

ブルバイソン戦略も投入!!

しかし、一向にバスからの反応がない・・・。

ここで、もしかして強気の戦略が裏目に出ているのか!?回遊しているバスを相手にしているとは言え、昨日と比べるとグッと冷え込んだので、ボトム付近を丹念に探る必要があるのでは!?と感じました。

そこで、GETNETジャスターフッシュ3.5を用いた1.8gボトムスローローリングを試してみました。

ボトムまで確実に着底してから、小刻みにシェイクしながらのボトムスローローリングを繰り返していると・・・、コンっ!と言う気持ちのいいバイト!!

スイープにフッキングしてから、ドラグをジージー鳴らしながらのファイトは気持ち良いですね♪

かなり元気なファイトでしたが、最後は無事にネットインして、48cmを手にすることに成功しました!

ロッド:セルペンティ・スピンサーペント
リール:イグジストスティーズカスタム2506
ライン:東レ/エクスレッド4.5ポンド
リグ:1.8gジグヘッドリグ
ルアー:GETNET/ジャスターフィッシュ3.5
カラー:パープルウィニーシルバーフレーク

ジャスターフィッシュ3.5は、初めて使用しましたが、このワーム凄いです・・・。

ここから戦略が見事にハマり、怒涛の3連発(48cm&44cm&25cm)!!

ロッド:セルペンティ・スピンサーペント
リール:イグジストスティーズカスタム2506
ライン:東レ/エクスレッド4.5ポンド
リグ:1.8gジグヘッドリグ
ルアー:GETNET/ジャスターフィッシュ3.5
カラー:パープルウィニーシルバーフレーク

すげぇぞ、このワーム・・・。ちょっと驚きましたね・・・。

と、私がスピニングフィネスを堪能している時に、同船の慎ちゃんが、往年のジャンボグラブの巻き巻きでナイスサイズをゲット!!

ジャンボグラブの巻き巻きとは、なかなか通な戦略ですね♪

その後、またマッハソニック戦略に戻すと、ナマズや巨大雷魚などと遊ぶ始末・・・(笑)

しかし、その後は無反応な時間が続きましたので、再度のジャスターフィッシュ3.5戦略を投入すると、気持ちの良いバイトを得たのでフッキング!

これまたドラグを気持ちよく鳴らしてくれた48cmを手に出来ました♪

ロッド:セルペンティ・スピンサーペント
リール:イグジストスティーズカスタム2506
ライン:東レ/エクスレッド4.5ポンド
リグ:1.8gジグヘッドリグ
ルアー:GETNET/ジャスターフィッシュ3.5
カラー:パープルウィニーシルバーフレーク

ちなみに、現在のクリアアップした琵琶湖には、このパープルウィニーシルバーフレークが効いたのだと思います。

その後、慎ちゃんが、再度のジャンボグラブでナイスサイズを捕獲することに成功しましたが、そろそろタイムアップ間近・・・。

そこで、夕方の捕食タイムで動いたバスを狙う為に、メタル系ルアーから、アライブチャターの跳ねエビ仕様に変更!

すると、明確なバイトを得て40UPを手に出来ましたが、何故かガリガリくんでした・・・。

ロッド:クロスファイア・スタリオンOTM
リール:Revoエリート8(8.0:1)
ライン:フロロマイスター14ポンド
ルアー:イマカツ/アライブチャターFS(跳ねエビ仕様)

と、ここでタイムアップとなり、釣果的には以下の様になりました。

私:10バイト8フィッシュ(頭5本合計:6810g)
慎ちゃん:3フィッシュ(48cm、48cm、43cm)
Nくん:1フィッシュ(46cm)
Gくん:次回リベンジ!

ちなみに、私と慎ちゃんの釣果ですが、朝イチに見定めたポイントにアンカーを打って、そこから動かずに仕留めました。

秋のバスは、適水温と言うこともあり、広範囲にかなりのスピードで回遊していると感じています。そんな動きの速い回遊を確実に当てるには、【こちら側は動かないこと】が大事です。

動きの速いバスに、こちらも動いてしまうとタイミングを合わせるにが至難の業・・・。しかし、こっちが動かないのだったら、その回遊タイミングに合わせやすい。

個人的には、動きの速い秋のバスを攻略するには、良い場所から動かずに、入って来た回遊を確実に釣るのがベストだと感じています。

と、そんなこんなで気の合う仲間達との楽しい1日も終了!!

釣り終わりの夕飯トークセッションでは、【ラインテンションの抜き方】について語りましたので、今後は、後輩くん達の釣果もUPしてくれることでしょう♪

やはり、バス釣りは楽しんでこそ!また一緒にワイワイやりましょう~。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする