★【つりどうぐ一休/滋賀守山店】新品中古品が満載のお店でお買いもの★

皆さま、毎度です♪友蔵です。

滋賀県の琵琶湖大橋近辺にある「つりどうぐ一休 滋賀守山店」。この釣具屋さんは、新品と中古品を併売されており、圧倒的な品揃えで大人気の釣具屋さんです。

琵琶湖からも近い為、釣りの途中で立ち寄ることも多いんです。そんな一休 滋賀守山店さんで購入したルアーをご紹介致します♪

|イマカツ/ブルバイソン(カラー:薮田ギル)

今回購入しましたブルバイソンは、薮田ギルと言う名前が付けられた派手目なカラーです。

名称:イマカツ/ブルバイソン
長さ:140mm
重さ:50g
カラー:薮田ギル

実は、このブルバイソンですが、ハス(雄)カラーも持っています。

なぜ故に、今回、薮田ギルと言う派手目のカラーを購入したのかと言いますと・・・。

「あれ?このカラーって、ボディーの素材が違うんでないかい???」と感じたからです。

カラーリングされていないリップ部分を見てみると、こんな感じです。

パッケージには、素材に関しての説明は記載されていませんでしたが、この濁った感じ・・・、何らかのボーン素材とか!?と・・・。間違っている可能性が高いので何とも言えませんが、他のカラーとは、ボディーの素材が異なっている様に感じています。

とは言え、さすがに一色だけボディー素材を変えるのはコスト的にも難しいと思いますので、もしかしたら、普通のABS樹脂をマット処理しただけかもですけどね。

でも、ボディー表面をマット処理すれば、水噛み具合も変わるので、他のカラーとは違う水流が発生している可能性はあると思います。

詳細は、不明ながら、気になったことは検証したくなる性格なので、数あるカラーラインナップの中で、特に異質な雰囲気を醸し出している、この薮田ギルを検証してみたいと思います。

|イマカツ/メタルクロースピン13g&17g

手持ちのメタルクロースピンを増やす為に、13gと17gを追加補充して来ました。

この前に、メタルクロースピンをご紹介させて頂いた時に、おススメしたカラーが無かったので、陳列されている中で、こちらの2つのカラーを選んでみました♪

・13g:日本ザリガニ
・17g:ファイアークロー

今回は、どちらもフラッシング要素を排除したマット系カラーを購入してみました。より、りん青銅のツインブレード部分の輝きを強調したかったのが、マット系カラーを選んだ理由ですね。あとは、ボディー部分の存在感。シルエットをしっかりと見せたいと言う側面もあります。

このメタルクロースピンは、お伝えしてます様に、12月からの初冬も凄い威力ですので、釣具屋さんが在庫切れする前に確保されておくことをおススメします。

|イマカツ/マッハソニック17g

またもや追加してしまいました、マッハソニック17gです(笑)

この前、使ってみて、なかなか良いカラーだなと感じたので、3DRオチアユを購入しました。(もしかしたら、また赤マジックチューンされちゃうかもですが・・・)

マッハソニックに限らず、メタル系ルアーは、カラーリングの違いから出る輝きの差が微妙にありますので、何色かスタンバイするのもアリだと思いますね。

|クレハ/フロロマイスター14ポンド

最近、使用頻度が高くなっていますので、追加補充しました。クレハ/フロロマイスターは、以前にご紹介しました様に、実力とコスパに優れた素晴らしいラインだと思いますね。

私の勘違いかもですが、何か素材の配合を変化したのか?以前は、トータル10時間程度使用したら劣化具合を明確に感じましたが、最近は、あまり明確には感じないんですよね・・・。

とは言え、安価には安価の理由が存在しますので、無理せずに、10時間の使用毎には巻き換えはしています。(何となく、使い勝手が向上した様に思えるんですが・・・、気のせいかな?)

|おまけ

これは購入品とは違いますが、何気に、前の琵琶湖釣行で、調子が悪くなったRevoエリート8・・・。(ハンドルが逆回転する症状が頻発しました(涙))

そこで、釣り仲間のROBOくんにお願いして、直してもらいました♪(ROBOくんは、ROBO工房と言われるだけあって、リールやロッドの知識と技術力がプロレベルなのです。)

自分でメンテナンスが出来れば良いんですが、ワタクシ・・・、機械系には、めっぽう疎いんです・・・。

|つりどうぐ一休 滋賀守山店

住所:滋賀県守山市水保町1130番-1

電話:077-585-5011

営業:年中無休

営業時間:月~土曜日、祝日/AM12:00~PM11:00
     日曜日/AM10:00~PM10:00

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする