スポンサーリンク


★【琵琶湖】北湖オカッパリ!6本9㎏オーバー捕獲!!【オカッパリ】★

NEO皆さま、毎度です♪友蔵です。

10連休と長かったGWも過ぎ去り、日常が戻って参りました。(危うく、社会復帰出来なくなりそーでした(笑))

今年のGW期間は、最初の3日間は悪天候で寒い感じでしたが、中盤、後半は良い天候に恵まれたこともあり、琵琶湖の水温はどんどんと上昇しました!

GW前半に、17℃台まで落ちた南湖の水温も、20℃以上となり、南湖エリアでは、ほぼスポーンが終了した感じとなりました。

となりますと、ビッグなプリメスを狙うことが出来るエリアは、北湖エリアとなります。

北湖エリアは、まだ本格的にスポーンに突入していない為、プリのビッグバスを狙うことが出来ますので、今回は、そんなプリメスを狙う為に、潜入してみました。

結果、短時間ながら、6本捕獲することが出来、その合計ウエイトが9㎏を超えることが出来ましたので、その模様をレポートしたいと思います。

|狙うエリアは、水深1m未満のジャングルシャロー!!

出撃日(5/24)は、夕方のひと時に時間を割くことが出来ましたので、14時~17時の3時間弱だけ北湖エリアに潜入して来ました。

潜入したエリアは、まさにジャングルみたいなシャローエリア。(今回は、ウェーディングスタイルでの出撃です)

水深1m未満のシャローエリアに、スポーンを意識して、突っ込んで来ている個体をサイト中心で狙う感じです。

持ち込んだタックルは、信頼と実績の1タックルのみ!(EG/スーパースタリオンGT2RS+ダイワ/ジリオンPEスペシャル100HL+東レ/ルアーフロロ20ポンド)

至近戦となりますので、パワー勝負の布陣です!

|レイジーハードのボトムノック&ホバリングで50UP2本捕獲!!

まず、先発は、イマカツが誇るジャイアントベイトであるレイジーハードです。(全長30㎝弱もあります)

今回、ちょっと試したいことがありまして、ご覧の様に、顎アイにスルーダウンショットリーダーを介して、シンカーを装着してみました。

このスルーダウンショットリーダーですが、太いフロロカーボンラインの両端が加工されており、シンカーが装着出来たりする優れものです♪

4種類の長さがあるみたいですが、今回は、ショートと呼ばれる10㎝のものを採用しました。

これを装着することで何が出来るのか?ってことですが、浮力の高いレイジーハードを水中でホバリングさせたいと思い、装着してみました。

リッジテールを使用すると、高浮力となり、水中で斜めに立ちますが、顎アイに直接、シンカーを装着してしまうと、常にボトムに着底した状態での斜め立ちとなってしまいます。

それでも良いのは良いんですが、ボトムから少しだけ浮かせて、ホバリングさせたかったので、スルーダウンショットリーダーを介して、顎アイから10㎝離してシンカーを装着してみました。

戦略的には、以下の通りです。

①スポーンを意識してウロウロするプリメスを発見する。
②プリメスがストップする位置を確認する。
③その位置から少し離した位置にレイジーハードをキャスト。
④ボトムを大きく開いた口で叩きながら、ストップ位置に近付ける。
⑤そして、ボトムノックを停止し、浮かせる。
⑥ボトムから約10㎝離れた位置でホバリングさせる。

あとは、この④~⑥を繰り返す感じですね。

プリメスの行動をしっかりと把握した上で、上記の通り、やってみたところ・・・。

ボトムノックで、プリメスに気付かせた後、フワッ!と浮かせて、水中ホバリングさせた瞬間に、プリメスが凄い勢いで、レイジーハードを襲いました!!

フッキングにも成功し、強引にファイトして捕獲したのは、ナイスな50㎝オーバーでした!

サイズ:50㎝(1960g)
ロッド:EG/スーパースタリオンGT2RS
リール:ダイワ/ジリオンPEスペシャル100HL
ライン:東レ/ルアーフロロ20ポンド
ルアー:イマカツ/レイジーハード
テール:リッジテール
カラー:ストロングチャート

この戦略、正解なのか?かなり凶暴的に襲って来ましたね。

更に、別のプリメスを発見したので、先程と同様の戦略を投入したところ、やはりボトムノックからの浮上&ホバリング時に、狂った様に襲い掛かって来ました!!

これまた強引にファイトし、捕獲出来たのは、2㎏オーバーの50UPでした♪

サイズ:51㎝(2190g)
ロッド:EG/スーパースタリオンGT2RS
リール:ダイワ/ジリオンPEスペシャル100HL
ライン:東レ/ルアーフロロ20ポンド
ルアー:イマカツ/レイジーハード
テール:リッジテール
カラー:ストロングチャート

どうですか!?このド迫力ボディー!!

サイズ以上の迫力があり、めちゃくちゃグラマラスなプリメスでしたね。

その後、ひと回りデカいプリメスを発見し、同様の戦略で食わせたんですが、強引にファイトし過ぎて、無念のバラシ・・・。サイズは、55オーバー確実でしたね(涙)

水中ホバリングをしている状態で、プリメスが突っ込んで来る為、フッキングに難ありと言う課題がありますね・・・。

もう1発50オーバーをヒットさせるものの、またもやバラシ・・・。

1日でも早く、サイドフック仕様のレイジーハード今江カスタムの販売を切に願います!

|やはり、ドレッドホグに対するバスの反応は、エグイ!!

レイジーハードに反応するプリメスもいれば、反応しない個体もいます。

そこで、レイジーハードに反応しない個体に対しては、ラバージグ戦略です。

まずは、EG/リアクションフットボールジグ+イマカツ/ジャバロンNEO97の組み合わせを投入うしてみました。(やや濁りありの為、視認性が良いホワイトカラーにしました)

1/2ozのウエイトですので、レイジーハードみたいにホバリングさせることは出来ませんが、逆に、ボトムノックを強化させて使用してみました。

シャローをウロウロする個体に対して、アプローチするものの、イマイチ反応が悪い・・・。

何とか1本捕獲することが出来ましたが、正解ではない感じです。

サイズ:46㎝(1430g)
ロッド:EG/スーパースタリオンGT2RS
リール:ダイワ/ジリオンPEスペシャル100HL
ライン:東レ/ルアーフロロ20ポンド
ラバージグ:EG/リアクションフットボールジグ1/2oz
ワーム:イマカツ/ジャバロンNEO97

丸飲みはしてますが、まだ正解があるハズ!!

そこで、バスの大好物、イマカツ/ドレッドホグをトレーラーにしてみました。(ジグは、ボトムでの安定感を高める為、イマカツ/ミッキーヘッドジグ1/2ozに変更!)

ボトムに着底した際、ボトムノックした際、このドレッドホグのわちゃわちゃした動きは、唯一無二で、他のどんなワームでも出せない波動を出してくれます。

これが大正解だったみたいで、見えてるバス達が、めちゃくちゃ反応してくれて、連発捕獲劇となりました♪

サイズ:45㎝、45㎝、44㎝(1.34kg、1.32kg、1.31㎏)
ロッド:EG/スーパースタリオンGT2RS
リール:ダイワ/ジリオンPEスペシャル100HL
ライン:東レ/ルアーフロロ20ポンド
ラバージグ:イマカツ/ミッキーヘッドジグ1/2oz
ワーム:イマカツ/ドレッドホグ3インチ

やはり、このドレッドホグの波動は、バスを完全に狂わせますね!(廃盤なのが残念!人は釣れなかったですが、バスは釣れまくりです♪)

私の手持ちも少なくなって来ましたので、どこかの中古屋さんで確保しないと・・・。

と言うことで、短時間ではありましたが、なかなか有意義な時間を過ごすことが出来ました!

|6本捕獲で、合計9㎏オーバー!!

今回、50UP2本を含め、合計6本のウエイトが9550㎏となりました。

レイジーハードでのボトムノック&ホバリング戦略。

唯一無二なドレッドホグの波動作戦。

この2つの戦略が、上手いこと機能してくれたのが良かったですね。

レイジーハード、最初見た時は、あまりの大きさにビックリしましたが、もう慣れてしまって、普通に使える様になりましたね♪(難点は、ルアーがデカいので、50UP持ち写真でも、バスが小さく見えてしまうことでしょうかね・・・)

レージ―ハードの大きさだからこそ、反応する個体が存在することを知ることが出来ましたので、ジャイアントベイトも、なかなか勉強になりますね。

あと、ドレッドホグの再発売を熱望しますが、人には人気ないので無理でしょうねぇ。バスの反応は、めちゃくちゃ良いんですけどね。

そんなこんなで、今後も、時間を見付けて、夏前くらいまでは、北湖エリアにも潜入したいと思っております♪

スポンサーリンク


スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする