★イマカツのチタンバイブ3/8ozに隠された秘密をお伝えします!これを知れば、釣果UP!?★

皆さま、毎度です!友蔵です♪

今日は、イマカツのチタンバイブ3/8ozに隠された面白い使い方をご紹介致します!(昔に、アメブロで書いた内容ですが、追記して書きたいと思います♪)

イマカツのギル型メタルには、チタン素材で作られたチタンバイブと言うルアーが存在します。

私が好んで使用するのは、数あるウエイト設定の中で【3/8oz】です。

それは何故か???

メタル系ルアーは、アイ穴が2~3つ空いているものが多いと思います。

チタンバイブでも、12gバージョンは、ご覧の様に3つ穴となっています。

しかし、チタンバイブ3/8ozのアイ穴は、ご覧の通り、4つも空いています!

各メーカー、様々なタイプのメタル系ルアーが発売されていますが、アイ穴が4つと言うのは、非常に稀だと思います。

この4つのアイ穴の位置をしっかりと考慮した上で、使い分けが出来れば、マッハソニック3/8oz1個で4タイプの動きが出せるのです♪

それぞれのアイ穴で、どれだけの姿勢の変化があるのかご覧下さいませ。

左上:頭から1つ目のアイ穴
右上:頭から2つ目のアイ穴
左下:頭から3つ目のアイ穴
右下:頭から4つ目のアイ穴

何気に、出荷された位置に付いているアイ穴でしか釣りをしていない方が多く見受けられますが、ここらで是非、全てのアイ穴を使い分けて、更なる釣果を出してみては如何でしょうか!?

それでは、1つ1つご紹介して行きたいと思います!(とは言え、個人的見解なので、間違っているかも知れませんが、暖かく見守って下さいな♪)

|頭から1つ目のアイ穴


この位置にスナップを装着すると、なかなか興味深い動きが出ますね。

ご覧の通り、かなり水平姿勢となりますので、ほぼ普通のバイブレーションプラグと同じ様な姿勢になります。

この姿勢でのメタル系ルアーって、かなり水噛みが悪いんです・・・。実際、フルキャストしてのリフト&フォールでは、「???」となる様な感じで、バイブレーション振動を感じません・・・。

小さなリフト&フォールでは、水を噛まないので、ノー感じとなります。大きくリフトした際に、ようやく振動が伝わってくるレベルです。

但し、この水平姿勢は、普通のバイブレーションプラグと同じ姿勢なので、タダ巻きでは、カリカリ!と言うタイトな振動を身に纏うサイレントバイブレーションと化すことが出来ます。

又、小さなリフト&フォールでは、水を噛まない分、スッ!スッ!と言う動きが出せる為、スッ!と動いてパタン!と倒れるゴリ系の動きが出せます♪(この動きは、かなり斬新だと思います)

|頭から2つ目のアイ穴


この位置にスナップが装着されているのが、出荷時の状態です。(皆さん、この位置でしか使っていないのをよく見ます)

確かに、この位置は、非常に優秀でして、リフト&フォール時でもタダ巻きでも、気持ち良い振動が伝わって来ます!

全てに優秀である分、フィールドの状況を読み解くには、この位置からスタートするのが良いと思います。

但し、多くの方々が、同じアイ位置で使用しているので、釣果に差が出ない状況になることも頭に入れておかれる方が良いと思います。

|頭から3つ目のアイ穴


2つ目のアイ穴にスナップが装着されている時より、ボディーの振り幅がやや大きくなり、より明確に振動が伝わる仕様となっています。

従って、2つ目のアイ穴位置で使用している際に、もう少しパワーが欲しいな・・・、と感じた際に、スパイス的に試してみても良いと思います。(濁りが入っているフィールドでも良いですね♪)

|頭から4つ目のアイ穴


個人的に、私がイチオシするのが、この位置にスナップを装着した際に出るとある動きです。

ご覧の様に、前につんのめる感じの前傾姿勢となる為、立ち上がりが非常に早く、ボディーの振れ幅も大きく、かなりのパワーと振動を感じることが出来ます。

立ち上がりが非常に早い為、浮き上がり易いのですが、極小のリフトでレスポンスよく動いてくれるので、より小さく狭い範囲で刻んで探ることが可能となります。

更に、この位置にスナップを装着することで、【キックバック】の動きを出すことが出来ます!

リフト&フォールのフォール時に上手くラインテンションを抜くことで、キックバックするんです。こんな動きを出せるメタル系ルアーは、稀だと思います!

この【キックバック】の動きが、バス達の琴線に触れるらしく、昨年の真冬には、この4つ目のアイ穴の位置で、相当釣りました!この位置でしか反応しないバスが多数!

水温1桁の極寒の真冬のフィールドでは、ショートバイトが当たり前の世界ですが、この【キックバック】の動きで食って来るのは、こんな感じの丸飲み状態と言う・・・(驚)。

チタンバイブ3/8ozを手に入れられましたら、是非、頭から4つ目のアイ穴にスナップを装着し、【キックバック】の動きを出してみて下さいませ♪面白い釣果を出せるかと思います!

と言う感じで、今回は、メタル系ルアーのアイ穴の位置違いで、様々な動きを演出することが出来ますよ!と言うご紹介でした。

私は、イマカツルアーが好きなので、チタンバイブでご紹介しましたが、皆さんのお好きなメタル系ルアーで、アイ穴を変更して、その動きの違いをご堪能下さいませ。

メタル系ルアーも、色々な側面で見て行くと、奥が深いですよね~。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする