★【リューギフック】その謳い文句、フックで釣果は変わる!は本当か?★

皆さま、毎度です!友蔵です♪

バス釣りに限らず、魚釣りをする際に、非常に重要なのがフックです。フックの良し悪しで、手に出来る魚の数に雲泥の差が出るのは事実だと思います。

特に、真冬などショートバイトが多発するシーズンなどは、1日やってワンバイトと言う世界観の中で訪れた貴重なバイトを取れるか否かが重要となります。

現在、各メーカー、素晴らしいフックがリリースされていますが、個人的に、一番信頼しているフックは【リューギ(RYUGI)】となります。

「フックで釣果は変わる。」と言う謳い文句で、2016年にコンセプトブックを配布され、その内容を熟読するに、フックメーカーとしては後発でありながらの圧倒的な拘りと品質の良さに驚きました。

現在、私のフックは、ほぼ全てがリューギのものを使用しています。特に、トリプルフック及びダブルフックに関しては、ほぼ100%、リューギのピアストレブルとピアスダブルに交換しており、各番手を常にスタンバイしております。

このリューギ製フックの最大の特徴は、フッキング率が群を抜いて高いことです。

これはもう圧倒的だと感じています。触れたもの全てをフッキングさせる能力は、唯一無二の様にも感じています。

例えば、イマカツ/カオスダイバー300ですが、こちらのピアストレブル4番を使用しています。

クランクベイトに絡んでくる様なショートバイトでも、ご覧の様に見事にフッキングしています!(よくご覧下さい。フロント、リア共に、口の外側からフッキングしています)

又、リアクション要素が強いメタル系ルアーにおいては、じゃれて来るバイトも多い為、フッキング率の高いフックへの交換は必須だと感じています。

イマカツのマッハソニック17gについては、こちらのピアストレブル6番を使用しています。

厳しい極寒の真冬のフィールドにおいて、貴重なワンバイトを確実にフッキングに持ち込んでくれる能力は、本当に頼もしい限りです。

イマカツのTITAN VIB3/8ozフラッピンソニックについては、こちらのピアスダブル8番を使用しています。

この写真をご覧下さい。完全に、口の外側からフッキングしています。じゃれて来る様なバイトであっても、触れたら最後の威力でフッキングさせてしまいます。

この様に、厳しい状況であればある程、バスとの出会いは特別なものとなり、ふいに訪れた貴重なバイトを確実にフッキングに持ち込めるか否かで、その後の展開がガラリと変わります。

その為、釣り人と魚との最初の接点であるフックに関して、拘ることは非常に重要な意味を持つと感じています。

私の場合は、リューギのフックが気に入りましたが、各メーカー素晴らしいフックがリリースされていますので、皆さん、気に入ったフックを選んでみて下さいね♪

ここ最近は、フック交換が必要ではないレベルの素晴らしいフックが、最初から装着されているケースも多くなって来ましたので、その様な場合は、フックを交換される必要はないので、ケースバイケースで判断されることをおススメします。


【フックで釣果は変わる。】この文言は、常に頭に入れておいて損はないかと思います!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする