スポンサーリンク


★【カレイド】対ヘビーカバー用に、ブッシュサーペントを導入!!【吊るし】★

皆さま、毎度です♪友蔵です。

お伝えしておりました通り、吊るし戦略を含めたパワースピニングによるカバー攻め用として、カレイド/セルペンティ・ブッシュサーペントを導入しましたので、ご紹介したいと思います。


早く使いたかったこともあり、エバーグリーンの長谷川さんから、手渡して引き取りました!(ちなみに、ちゃんと購入していますからね。誤解なき様・・・。)

基本的には、吊るし戦略用に購入しましたが、スペックを見ていると、その他にも使えそうな感じですので、楽しみです♪

|セルペンティ・ブッシュサーペント


今江さんが監修され、世に問うた対ヘビーカバーを攻める攻撃的パワースピニングロッドが、この【ブッシュサーペント】です。


スペック的には、以下の様になっています。
名称:セルペンティ・ブッシュサーペント
番手名:TKSS-66MHST
長さ:6フィート6インチ(1.98m)
標準自重:111g
パワー:ミディアムヘビー
ティップ:タフソリッド
適用ルアーウエイト:1/16oz~3/4oz
適用ライン:4~12ポンド
適用PEライン:0.6~1.5号

まだ実際に使用していないので、インプレなどは出来ませんが、それぞれの仕様を見て行きましょう!

①【リールシート&グリップ】

操作性と軽量化の両立の為、セパレートグリップとなっています。

特徴的なのは、リールシート部分でして、ホールド時に手の平に吸い付く様に、しっかりとフィットする独特の形状となっています。

(全ての画像出典:エバーグリーンHP)

このリールシートは、所有しているセルペンティ・スピンサーペントと同様の形状となっており、確かに、しっかりと握れる優れものです。

②【ブランクス】

ベリー~バットはチューブラーとなっており、中弾性カーボンを肉厚に巻き込んでいる仕様みたいです。

バット部分は、±30°のスーパークワトロクロスで補強されており、スピニングロッドの領域を超えた強烈なパワーを実現しているとのこと。

ティップは、タフソリッドとなっており、適度な硬さと絶妙な反発力を持ち合わせている為、スモラバなどの軽量ルアーであっても、キャスト精度と飛距離をしっかりと確保している仕様となっています。

③【ガイドシステム】

PEラインの使用、及び、太めのフロロカーボンの使用を想定し、パワーフィネスに最適なサイズのフジ・Kガイドを装着。(トルザイトリング&チタンフレーム仕様)

ライン滑りが抜群に良いトルザイトリングを採用していますが、トップガイドのみ、SICガイドを採用し、ラインに急な角度が付きにくい仕様になっています。

以上の様なスペックとなっており、スピニングロッドの次元を超えた、まさにパワースピニングの申し子の様な感じですね。

早速、シマノ/17ツインパワー17XD 3000XGを装着してみたのが、こんな感じです♪

うん、うん♪非常に良いんじゃないでしょうか!ブッシュサーペントとツインパワーの組み合わせですが、持ち重り感もせず、非常に使い勝手が良さそうな気がしますね。

このセットアップですが、対カバーの吊るし戦略は、勿論のこと、5g~10g程度の重ネコリグなどでも使えそうな気がしますので、色々と試してみたいと思います!

しっかりと使い込んでから、また詳細なインプレは、ご報告しますね!ワクワクして参りました♪

スポンサーリンク


スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする