スポンサーリンク


★【2018年釣果総括】イマカツLFKDファイナル報告&2018年総釣果報告★

皆さま、毎度です♪友蔵です。

2018年も、残り僅かとなりました!私の場合、すでに釣り納めを終了していますので、参加していましたイマカツLFKDファイナルの総括も併せて、2018年の総釣果をお伝えしたいと思います。

今年は、約25年ぶりに琵琶湖オカッパリを解禁したことで、自宅から近い琵琶湖への釣行日数が飛躍的に伸びた年でもありました。

最初は、浦島太郎状態で右往左往しましたが、日々収集するデータと釣り仲間の協力があり、ある程度の釣果を琵琶湖で出すことが出来たと思います。

その反面、今まで主軸としていた野池オカッパリへ極端に行かなくなり、野池での釣果が落ちたのは反省すべき点ではありました。

2018年の総釣果をしっかりと振り返ることで、2019年の展望が見えて来たりしますので、良い部分も悪い部分も見える総釣果の振り返りは、個人的には大事だと思っています。

|イマカツLFKDファイナル2018総括

以前もお伝えしましたが、イマカツでは、LOVE FISHと言う釣果投稿コーナーがあり、年間を通しての上位ランカーを選出してのファイナル戦が、例年、11月~12月に掛けて行われます。(以前に紹介した記事:イマカツLFKDはイマカツ好きにとってのお祭りです

私の場合、昨年のLFKDファイナル終了後に、永久シード権が与えられ、イマカツ公認モニターになったこともあり、LFKDファイナル2018には、自動的に参加となりました。

永久シードアングラーの釣果は参考記録となることもあり、正直、モチベーションをどこに持って行こうかと思いましたが、どうせ参加するなら、勝負事は熱くならないとアカン!と思い、ガチンコで参加することにしました。

勝負事に対して手を抜くことは、全ファイナリストに対して失礼な部分もありますので、私の釣果を通して、ファイナリストの皆さんを鼓舞出来ればと思いました。

LFKDファイナル2018は、12月31日まで続いてはいますが、私の釣り納めは終了していますので、ここで個人的な総括をしたいと思います。

まず、11月15日からスタートしたLFKDファイナル2018において、私が出撃した日数は、短時間の朝練などを含めて全15日間。エントリーしたバスの総数は12本でした。

【エントリーNo.1:40cm】

釣行日:2018年11月16日(金)
場所:滋賀県 琵琶湖(南湖)
スタイル:オカッパリ朝練
ルアー:ジャバギル90(ステルスギルスイマー仕様)

【エントリーNo.2:46cm(1580g)】

釣行日:2018年11月17日(土)
場所:滋賀県 琵琶湖(南湖)
スタイル:足こぎボート
ルアー:マッハソニック17g

【エントリーNo.3:52cm(1760g)】

釣行日:2018年11月17日(土)
場所:滋賀県 琵琶湖(南湖)
スタイル:足こぎボート
ルアー:メタルクロースピン13g

【エントリーNo.4:47.5cm(1510g)】

釣行日:2018年11月17日(土)
場所:滋賀県 琵琶湖(南湖)
スタイル:足こぎボート
ルアー:マッハソニック17g

【エントリーNo.5:58cm(2600g)】

釣行日:2018年11月25日(日)
場所:滋賀県 琵琶湖(南湖)
スタイル:薮田ガイド
ルアー:ブルバイソン400

【エントリーNo.6:47.5cm(1630g)】

釣行日:2018年11月30日(金)
場所:滋賀県 琵琶湖(南湖)
スタイル:オカッパリ朝練
ルアー:ブルバイソン400

【エントリーNo.7:60cm(3260g)】

釣行日:2018年12月2日(日)
場所:滋賀県 琵琶湖(南湖)
スタイル:オカッパリ朝練
ルアー:マッハソニック17g

【エントリーNo.8:51cm(1910g)】

釣行日:2018年12月8日(土)
場所:兵庫県 東播野池
スタイル:オカッパリ
ルアー:攻速ピラーニャ65(フルタングステン)

【エントリーNo.9:49cm(2170g)】

釣行日:2018年12月13日(木)
場所:滋賀県 琵琶湖(南湖)
スタイル:オカッパリ朝練
ルアー:バスロイドJrトリプルダブルDSF

【エントリーNo.10:43.5cm】

釣行日:2018年12月15日(土)
場所:滋賀県 琵琶湖(南湖)
スタイル:小南まりガイド
ルアー:マッハソニック17g

【エントリーNo.11:48.5cm】

釣行日:2018年12月15日(土)
場所:滋賀県 琵琶湖(南湖)
スタイル:小南まりガイド
ルアー:マッハソニック17g

【エントリーNo.12:44.5cm(1540g)】

釣行日:2018年12月24日(月)
場所:三重県 野池
スタイル:オカッパリ昼練
ルアー:小南ギルうちわ

以上の12本をLFKDファイナル2018にエントリーすることが出来ました。

LFKDファイナルは、サイズだけの評価ではありませんが、頭3本を【60cm・58cm・52cm】と揃えることが出来たことで、永久シードアングラーとしての意地を見せれたと思います。

又、場所やスタイルも、以下の様にバリエーションを出すことも出来ましたので満足しています。
【琵琶湖ボートガイド】
【琵琶湖オカッパリ】
【琵琶湖足こぎボート】
【三重野池オカッパリ】
【兵庫東播野池オカッパリ】

釣れた時に使用していたルアーも、以下の通り、ほぼハードベイトで押し切ることが出来ました。
・ブルバイソン400
・攻速ピラーニャ65
・バスロイドJrトリプルダブルDSF
・小南ギルうちわ
・マッハソニック17g
・メタルクロースピン13g
・ジャバギル90(ステルスギルスイマー仕様)

あくまで、私の釣果は、永久シードアングラーとしての参考記録となりますが、ファイナル期間中も、多くのファイナリストや釣り仲間とセッションすることも出来、まさにLOVE FISHを具現化することが出来たことも良かったと思います。

真剣に、そして笑いあり、悔しさあり、共感し、そして切磋琢磨出来たLFKDファイナル2018。永久シードアングラーとして、一定の貢献は出来たものと思います。(実は、やるからには!!と、密かに裏西日本チャンプを目指してました。情熱だけは、誰にも負けません!)

実際には、まだ31日の大晦日まで続きますので、ファイナリストの皆さんの最後のラストスパートが楽しみですね。年明け早々には、結果が発表されるかと思います♪

この様なお祭りイベントは、各メーカー趣向を凝らしたものを展開されていますので、特定のメーカー推しがある方などは、参加してみては如何でしょうか!?釣り人生が、今以上に楽しくなると思います!

|2018年総釣果報告

2018年の私の総釣果は、以下の通りとなりました。朝練や昼練、夕練などの短時間出撃も含めると、実に108回も出撃していたんですね!(約3日に1回釣りをしていると言う・・・)

・釣行日数:108日
・ボウズ日数:29日
・60cmUP:3本
・55cmUP:25本
・50cmUP:37本
・45cmUP:61本
・40cmUP:36本
・40cm以下:14本
・合計:176本

分かりやすく、それぞれの百分率を算出してみました。

・60cmUP捕獲率:1.70%
・55cmUP捕獲率:14.2%
・50cmUP捕獲率:21.0%
・45cmUP捕獲率:34.7%
・40cmUP捕獲率:20.5%
・ボウズ率:26.9%

やはり、60cmUPの捕獲率って、かなり低いんですね・・・。少なくとも、毎年1本のロクマル捕獲を念頭に置いてます。今年は、琵琶湖二馬力レンタルで1本、琵琶湖オカッパリで2本と言う結果になりましたが、65cmUPが入らなかったのが残念でした。

50UP&55UP捕獲率合計は35.2%でしたが、来年は40%台に乗せたいところ。それより、ボウズ率が26.9%もあるので、このパーセント率を少しでも下げないとアカンですね・・・。

と言う感じで、その年の総釣果をデータとして見返すことで、良かった点や悪かった点などが明確化出来るので、翌年に向けての取り組むべき部分が見えて来ます。

今年は、2月にアメブロ活動を休止し、Facebook主体の活動へ移行。同時に、琵琶湖オカッパリを25年ぶりに解禁。そして、10月からワードプレスに移行しての友蔵ブログ再開。などなど、激動の年ではありましたが、非常に有意義に活動することが出来たと思います。

今年、お世話になりました皆さま、ありがとうございました。来年も、どうぞ宜しくお願い致します!

スポンサーリンク


スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする